_Ra.exceptCrawler = true;

MENU

顧客獲得大作戦

2018年11月16日

 _m-min.jpg

 

 

 

From:森内智之

 

 

 

東京行きの新幹線より、、、

昨日、販促実践会MHJを開催しました。

 

その中で実践者の発表がありました。

ある方は、この販促実践会をきっかけに、

新商品を作りリリースしました。

そして、成果につながっています。

 

 

得た知識を実践することで、これまでにはない

新たな顧客層を開拓することができました。

これにより更に顧客数アップを図る仕組みが

できました。

 

 

このように、他の業種でも客層別に顧客を獲得し

顧客層の拡大(顧客数のアップ)を図っています。

例えば、マクドナルド。

マクドナルドは、ハンバーガーを販売しています。

昼食や軽食として学生などの若い顧客層に人気が

あります。

しかし、若い顧客層だけがマクドナルドを利用

するかというと、そうではありません。

 

例えば、子供向けのメニューを強化して

ファミリーの顧客層を獲得しています。

また、朝食メニューを強化して、

通勤時間帯にビジネスの顧客層を

獲得しています。

さらにコーヒーの品質を高め、日中に

カフェを利用する顧客層を獲得しています。

 

これらは、立地によって若干の違いはある

かもしれませんが、それぞれの顧客層別に

商品開発をおこない顧客数を増やす戦略を

おこなっています。

 

 

このように新たに顧客層を増やしたい時は

悩みやニーズごとに顧客を分けることで

顧客層を広げることができます。

 

 

目の前の商品だけを見ているとどうやって

顧客を増やして行けば良いだろう?

と思っている方は、お客さんの側に

視点を向けることで、見える景色が

変わってきます。

 

 

これが中々、自分ではできない人は、

「A4」1枚アンケートを活用すると

その方法やお客様の視点が見えてきます。

 

 

やった方は、わかると思います。

わからない方は、相談してください。(笑)

 

 

 

実際にこの顧客視点ができない人は、

とても苦戦されています。

中には、それで結果を出している方も

あると思いますが、そこは僕の守備範囲外。

 

しかし、顧客視点を取り入れて事業を

成長させたいとい方は僕のフィールドです。

そのような方で、悩んでいる方は、

ご相談くださいね。

 

 

ともに発展成長できる方と関わり

お互いに理想のビジネスをしていきたいと

思っています。

顧客視点を取り入れたビジネスは、

お客様もスタッフも会社も喜ぶ仕組みを

作ること目指しています。

だからビジネスが関わる人が笑顔になれます!

 

 

同じ思いをもった方との出会いが

楽しみです。

 

 

 

 

 

ブログ 新着記事

     From:森内智之       さて今日は、前回の「もっと集客したい人」の続きをお伝えします。   その前に、前回の「集客するためのワーク」はやってみましたか? まだの方は、こちらから是非ワークを実施してみてください

    From:森内智之         今日は、集客について一緒に考えていきたいと思います。     現在、あなたのお店や会社は集客で悩んでいますか? もし、お客さんが減った集客に悩んでいるという方は、 このような要因が

  From:森内智之       今日は、ブラックフライデー。 この日からクリスマス商戦開始の日 とも言われています。     なぜブラックフライデーというのか 知っていますか? 諸説あるようですが、現在では、 「セール


セミナーのご案内

アーカイブ

2018

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.