_Ra.exceptCrawler = true;

MENU

広告の反応を高める方法5

2015年7月26日

 

 

From: 森内智之

 

 

 

前回は、キャッチコピーについてお伝えしました。

キャッチコピーは、広告の中でも特に重要になりますので、

まだの方は、是非前回の内容をご覧くださいね。

 

 

 

前回でキャッチコピーのつくり方が分かりましたが、
もう一つ重要なことがあります。

 

 

 

 

それは、誰に対しての広告なのかを明らかにすることです。

どんな人がキャッチコピーにあるメリットを一番喜ぶのかを

しっかり伝えることで、

興味のある見込み客に広告をみてもらいやすくなります。

 

 

 

これにより、どんな人にとっての内容で、

それを利用することでどんなメリットがあるのかを

伝えることで、広告を読んでもらいやすくなり、

広告の効果を高めることができます。

 

 

 

これをターゲットコピーといいます。

 

 

 

このターゲットコピーを作ることで、

誰に対しての広告かがわかりやすくなります。

 

 

そして、ターゲットコピーは、

広告のはじめ伝えることで、

誰のための内容かを伝えることができます。

 

 

 

例えば、

1.(ターゲットコピー)

  膝が痛くて階段の移動がつらいとお悩みの方へ

 

  膝が痛くて階段のいどいがつらいと悩んでいた人が、

  このサプリメントを購入して
  いまでは階段も移動が楽になったと言っています。 

  

 

2.(ターゲットコピー)

  疲れが残って朝起きられないとお悩みの方へ

 

  疲れが残って朝起きられないと悩んでいた方が、

  このサプリメントを利用して今では、

  朝スッキリ起きられるようになったと言っています。

 

 

3.(ターゲットコピー)

  広告をしても反応がないとお悩みの方へ

 

  広告をしても反応がないと悩んでいた方が、

  この方法を使って問い合わせが2倍になったと言っています。

 

 

このようにすることで、

どんな人に対しての広告で

それを利用することで、

どんないいことがあるのかを伝えることで、

広告に興味のある人へ見てもらいやすくなります。

 

 

 

そして、これを広告のはじめにつたえることで、

広告を内容を読んでもらいやすくなります。

 

 

広告で反応を高めるには、

まず興味のある人に読んでもらう必要があります。

 

 

これをするだけでも広告の反応がかわりますので

是非試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ブログ 新着記事

        From:森内智之         最近スーパーに行ったことはありますか?   今、スーパーは飽和状態と言われているそうです。 人口が減少し、今後淘汰されていくと言われている中で、 一時期の低迷から4年

    From: 森内智之         キャッシュレス決済(QRコード)を利用していますか? 最近導入しているお店が増えてきました。 僕自身も最近ようやく使い始めたのですが、やっぱり便利ですね。     電車を利用する

      From:森内智之   先日、地元の交流会に参加すると しばらくぶりの参加だったこともあり、 「メールみてますよ!」と数人から 声をかけてもらいました。     直接顔をみて話をするのはやっぱりいいですね!


セミナーのご案内

 




筆者 森内智之

アーカイブ

2019

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2019 ビジョナリー販促サポート・インフォレスト All rights reserved.