_Ra.exceptCrawler = true;

MENU

売れるチラシ原稿のポイント

2019年10月4日

neonbrand-Ak5c5VTch5E-unsplash.jpg

 

From:森内智之


 

 


 

先日、チラシ原稿の添削の希望された方から添削をした内容を

まとめて渡したところとても喜んでいただきました。

 


いつもチラシの内容は、自分で考える年商数億の社長さんですが、

新たなチラシを作るのに中々まとまらなかったようです。

今回添削を行い「チラシの骨格が明確になり流れができた」と

大変喜ばれてました。

いつも自分で考えられているので、出来上がった原稿に

大変価値を感じていただきました。 

 

 

普段から自分で考えている方なのでそのまとまった原稿の価値が

よくわかっていただけたようです。

また、背景情報や事業への思いなどの情報も事前に提示されていましたし、

今後どうして行きたいのが明確になっていました。

そして、一番大事なことは、「お客さんの事をよくわかっている」と

言うことです。

 

 

だから内容をわかりやすくまとめることができました。

日頃からお客さんの事を考えていると、掲載したい内容や情報、

必要なキーワードが出てきます。

 

 

ただ、これらの情報をまとめるとなると、あれもこれもと

言いたいことがたくさんあるのでまとまらないといった人も

多いのではないでしょうか?

 

 

チラシを作るときには、すぐに書こうとせず、

まずは、お客さんの事を考え必要な情報を羅列していくこと。

掲載に必要な素材となる情報を書き出すことで、

それらの情報をまとめることでわかりやすい原稿が出来上がります。

 

 

料理でいうところの素材を集め、その素材を生かして

食べやすいように提供するということ。

料理も広告も同じ発想で素材を生かすことができますね。

 

 

もし、チラシの原稿がまとまらないという方は、

一度原稿添削を受けてみると新たな気づきや原稿作りの

ポイントがよくわかると思います。 

ご希望の方は、メールにてご連絡ください

 

 

 

このようなチラシ原稿の相談や広告の反響を上げたい方

業績を確実に上げるための方法を知りたい方で

コンサルティングを受けたい方は、

今だけ無料で受けることができます。

  ↓↓ 今すぐ確認する ↓↓

https://peraichi.com/landing_pages/view/jidou-c





ブログ 新着記事

                      From:森内智之       前回は、アンケートを見直す ことについてお伝えしました。     そこからの新たな発見や気づきが、 売上を上げるヒントが見つかる

      From:森内智之       今日が仕事納めのところもあると思います。 しかし、社長や個人事業者にとっては、 時間をとって見直す良い時期となる人も 多いのではないでしょうか?      そんな方は、 こ

      From:森内智之           あなたは、こんな状況をどう思いますか?     仮にあなたが、何かサービス(役務)を 提供するためにお店を持っているとします。     そのお店に誰もいなくなっ



筆者 森内智之

アーカイブ

2019

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2020 ビジョナリー販促サポート・インフォレスト All rights reserved.