_Ra.exceptCrawler = true;

MENU

イチロー振り子打法誕生の秘密

2021年5月31日

 

 

 

.jpg

 

 

 

From:森内智之

 

 

今日は、いきなりですが質問です。

 

 

プロ野球では交流戦が始まっていますが、

元メジャーリーガーのイチローさんは

プロ野球にドラフト何位で入団したか

知っていますか?

 

 

 

これまでの輝かしい成績と見ると

ドラフト上位で取り合いになると

思われがちですが、

なんと、オリックス球団から

ドラフト4位の指名だったのです。

 

 

 

高校生からプロ野球に入団だったこともあり

当時のスカウトからは、まだ大きな期待は

されていなかったようです。

 

 

 

|ジュニアオールスターMVPの裏側

 


そんなイチロー選手は、1年目から

ウエスタンリーグ(2軍)で首位打者を獲得。

ジュニアオールスター(2軍のオルスター戦)では

MVPに選ばれるなど活躍していました。

 

 

 

その活躍から、1年目から1軍入りを果たします。

そして、1軍首脳陣の方針により

「1軍で通用するフォームにしなければならない」と

徹底的な打撃フォームの矯正指導を受けることになりました。 

 

 

 

しかし、これによりイチロー選手は、

1軍での成績が上がらず本来の打撃コントロールを

失いつつありました。

 

 

 

 

|振り子打法の誕生

 

 

 

それを救ったのが、ニ軍の打撃コーチをだった

河村コーチでした。

 

 

 

その河村コーチは、入団1年目の秋に

「このままではお前の持ち味が殺されてしまう」

 もう一度原点に戻ろうと、矯正にストップをかけ

 イチロー選手とニ人三脚で新打法を作りあげて

いくことになります。

 

 

 

これが、あの「振り子打法」の誕生となりました。

この打法がイチロー選手を蘇らせました。

 

 

 

そして、再び1軍入りとなりました。

あの「振り子打法」は、それまでの常識と考えられる

打撃フォームではなかったそうです。

 

 

 

|監督との確執

 



そして、再び1軍入りしたイチローに監督から

「待った」をかけられました。

当時の監督からこんなことを言われたそうです。

 

「あんなんでは体の芯が流れてしまっているから打てない。

 足が速くて左バッターだから、太くて短いバットで

 地面に叩きつけるバッティングをさせろ」

 

 

 

これに対してイチロー選手は、

「僕はこれで高校時代から打ってきた。

 これが自分のバッティングです。

 来たボールをしっかりと振り抜くことだけを

 考えていますから、姑息なバッティングはしたくない。」

ときっぱり言い放ったそうです。

 

 

 

翌日、監督はイチロー選手を2軍に落としました。

 

 

 

「このままでは自分の野球生命は終わってしまう」と

半ば絶望的な想いを抱えつつも、イチロー選手は

これ以降打撃フォームの改善を何度も命令されても

頑なに自分のフォームを守り抜きました。

 

 

 

|転機となった出会い

 

 

 

転機となったのは、球団の監督が代わり

柔軟な野球哲学を持つ仰木新監督の元 

この2年間の下積みを経たイチロー選手は、

史上初の200本安打を達成しました。

それからの活躍は、誰もが知ることとなります。

 

 

 

仰木監督の存在が大きかったことはもちろんですが、

イチロー選手が貫いた信念と努力、

そして、二人三脚で新打法となる「振り子打法」を

作り上げた河村コーチの存在がとても大きかったと思います。

 

 

 

これらを僕らビジネスに置き換えると

これまでの経験や業界の常識にとらわれないで 

新しい取り組みや売り方を考えることに

大きなチャンスがあるということです。

 

 

 

しかし、自分だけで考えていても

本当にこれでいいのかわからなかったり

客観的な視点で捉えることが難しかったりします。

 

 

 

|ビジネスの転機を見つける

 



それを解決するには、

河田コーチのような存在がいることで、

安心して相談できるだけでなく、

客観的な視点からアドバイスがもらえ

前に進めることができると思いませんか?

 

 

 

例えば、商品を販売する際には、

広告などの媒体に

 ●どんなメッセージを伝えると良いか?

 ●自分で考えた広告はこれでいいのか?

 ●反応がなかった広告の何を改善すれば良いのか?

 

など、顧客目線を元にした客観的なアドバイスや

改善点などを相談しながら1つ1つ改善していくことが

可能になります。

 

 

 

そんな広告の作り方や改善について、

お客様の獲得についてなどの

マーケティングに関するお悩み、

課題解決を次のステップに進めるための

無料相談を行っています。


 

無料相談をご希望の方は下記よりどうぞ。

   ↓↓↓   ↓↓↓

 

 >>今すぐ相談する<<

 

 

ブログ 新着記事

        From:森内智之     売れる広告を作るには、「お客様に聞くのが一番早い」とこれまでいろんな場面でお伝えしています。 私が所属している「A4」1枚販促アンケートアドバイザー協会に所属している他のアドバイザーも

      From:森内智之     スタックって知っていますか?       深い雪道などで車のタイヤがハマって 前にも後ろにも動けなくなることを 「スタック」と言います。         物事が行き詰って立ち

        From:森内智之     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今回は、所属している「A4」1枚販促アンケート広告作成アドバイザー協会の公式ブログで書いた記事をこちら紹介しています。 ーーーー



筆者 森内智之

アーカイブ

2021

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2021 セールスライティング&販促サポート インフォレスト All rights reserved.