MENU

自分の欠点はアウトソースで補う

2015年8月4日

 

 

Form:森内智之

 

 

 

 

先日、読んだ本にこんなことが書いてありました。

 

 

ある方のすすめで、ナポレオン・ヒルの書籍を読んだのですが、

そこには、

「パートナーという最大の協力者を持たずして、

 大きな功績を残した人はいない」とありました。

協力者の力を活用しているということです。

 

 

 

アメリカの自動車メーカーの創業者である

ヘンリー・フォードは、ある新聞社を訴えたときに、

新聞社側の弁護士から質問責めにあったそうです。

その弁護士は、フォードの印象を陪審員に証明するために、

非常にいじわるな質問をしたそうです。

 

 

しかし彼は、ひとことでその弁護士を沈黙させました。

 

 

「自分のデスクのボタンを押せば、

自分が必要としている知識を持った部下がすぐ来てくれます。

私がどうしてあなたに答えるために、

一般知識を全部詰め込んでおく必要があるのでしょうか」

 

 

 

フォードは、頭脳協力集団を作り、

必要なときにいつでも専門知識を得れるように

しておいたそうです。

 

 

 

このことをマスターマインドといいます。

 

 

マスターマインドとは、

複数の人がお互いの持つ経験や知識、

アイデアを分かち合って、共通の目的を

達成します。

 

 

これらの力を活用することで、

自分の能力以上の仕事をすることが可能になります。

 

 

 

これらの考え方を私たちのような中小零細企業だと

そんな人を雇う余裕がないと反発がありそうですが、

決して雇わなくても良いわけです。

 

 

 

外部から専門家をパートナーとして集めて

チームを作れば良いわけです。

決して誰でも良いという訳ではありませんので、

人選は、慎重にする必要がありますが、

必ずしも社内の人間でないとできないと

いうことはありません。

 

 

 

小規模の事業者でも大きく成果を出している人は、

このことを理解して一緒にプロジェクトを行っています。

 

 

 

これまで、身近で相談を受けた方の多くは、

全て自社で行わないといけないという

マインドの人が多かったように思います。

 

しかし、このような考え方は、中小企業の私たちも

ビジネスを広げていく上で必要なマインドです。

 

 

あなたが経営者で、ひとりで悩み詰まっているなら、

専門家に任せて得意な分野に力が注ぐことをおすすめします。

 

 

 

一緒にビジネスができそうな方は、是非ご連絡ください。

 

 

 

 

ブログ 新着記事

      From:森内智之         先日、某商工会さんにて販促セミナーを開催しました。 お客様の視点を事業の中に生かしたい事業者の方が参加され 熱心に聞かれていました。     お客様の視点を取り入れること

  From:森内智之     先日、初めてPOPセミナーに参加してきました。 実はPOPのセミナーを聞くのは初めてなので、 楽しみにしていたのですが、業績アップするヒントが たくさんあって面白かったです。     POPは、お

From:森内智之       1月に入って半分が過ぎましたが、 どんなスタートをされましたか?   今年こそは(今年も)業績アップの取り組みをと 考えている方も多いと思います。   そんな方に今日嬉しい報告が届いた内容を ご


セミナーのご案内

 

関連セミナーのご紹介

2018-min.JPG

アーカイブ

2017

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.