MENU

広告の反応を高める方法6

2015年7月29日

 

 

From: 森内智之

 

 

 

週末の日焼けで顔の皮がむけてきました。

子供たちには、鼻が赤くなってトナカイと

言われています。(笑)

 

 

 

以前に広告の反応を高める方法として

対象者を明確にすることをお伝えしました。

 

 

広告で文章のことをコピーといいますが、

対象者を決めて文章にすることをターゲットコピーといいます。

 

 

 

このターゲットコピーがあることで、

「あなたのことですよ!」と広告で

対象者に伝わりやすくすることができます。

 

 

 

今回は、あなたの商品やサービスの良さを

伝える方法についてお伝えします。

 

 

 

以前にキャッチコピーのつくり方についてお伝えしました。

 

 

重要なので再度説明すると、

キャッチコピーでは、商品購入後どうなるのかを伝えることで、

対象者に購入後のイメージをわかりやすくすることができます。

そうすることで、商品に興味をもってもらいやすくなります。

 

 

そして、興味をもってくれた見込み客に、

なぜ、そのようなことができるのかの理由を伝えることで

そのキャッチコピーの信頼性を高めます。

 

 

これをボディーコピーとも言います。

 

 

ボディーコピーでは、誰もが納得する理由を説明します。

選ばれている理由や、利用したお客さんが

喜んでくれている理由などを説明することで

見込み客は、書いてある内容を納得しようとしてくれます。

 

 

また、データなどの証拠があれば、

なぜそのような結果や証拠が作れるのかを説明します。

 

 

こうすることで、広告を見ている見込み客は、

「なるほど!」と

あなたの商品やサービスの良さを理解してくれます。

 

 

他との違いや、こだわりなどもここで伝えることで

あなたの商品・サービスの良さを理解してもらいやすくなります。

 

 

逆に、これがないとキャッチコピーだけで良さを伝えても

「本当に?」と疑ってしまう人が多いものです。

なので、しっかりと理由を伝えます。

 

 

これは、POPなどにもつかえますし、

広告で部分的に取り入れることもできます。

 

 

広告の反応を高めたい人は、

是非、試してみてくださいね。

 

 

 

 

広告や集客に関する質問・相談を受け付けています。

下記よりお問い合わせください。

 

 

 

インフォレストへは無料相談を承っています

ブログ 新着記事

      From:森内智之         先日、某商工会さんにて販促セミナーを開催しました。 お客様の視点を事業の中に生かしたい事業者の方が参加され 熱心に聞かれていました。     お客様の視点を取り入れること

  From:森内智之     先日、初めてPOPセミナーに参加してきました。 実はPOPのセミナーを聞くのは初めてなので、 楽しみにしていたのですが、業績アップするヒントが たくさんあって面白かったです。     POPは、お

From:森内智之       1月に入って半分が過ぎましたが、 どんなスタートをされましたか?   今年こそは(今年も)業績アップの取り組みをと 考えている方も多いと思います。   そんな方に今日嬉しい報告が届いた内容を ご


セミナーのご案内

 

関連セミナーのご紹介

2018-min.JPG

アーカイブ

2017

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.