MENU

変えてはいけない5つの質問

2015年11月19日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

From:森内智之

 

 

 

 

 

 先週、金融機関さんで「A4」1枚アンケート実践勉強会を

 開催しました。

 

 

 久しぶりの開催だったので少し緊張しましたが、

参加者の皆さんに満足していただけたようでした。

 

 

最近、「A4」1枚アンケートを活用したいという方から

相談をいただいたのですが、その相談内容というと、

「常連さんは名前すら書いてもらえない」ので

どうしたら良いですか?という質問でした。

 

 

もしかすると、ここで諦めてしまった人もいるかもしれませんね。

 

 

 

このような場合は、自分で書けばいいです。

お客様に質問をして回答をそのまま自分で記入すれば良いわけです。

 

 

 

特に年配の方を相手にしている商売だと、なかなか難しいことも

あると思います。

そこで、コミュニケーションの一環としてアンケートをして

記入して行けば、簡単にアンケートを取ることができます。

 

 

はじめは慣れなくても、数人行っていけば取り方がわかって

来ると思います。

 

 

 

普段何気なくしている会話の中にもヒントがあることも

多いのではないでしょうか。

お客様の言われたことをしっかりと書き留めておくことで

後からでも見直すことが出来ることや、その時に気付かな

かったことが後になって気付くことも多いものです。

 

 

 

そこで集めた情報は、今後の展開に生かすことができますし、

広告に生かしたり、店内のPOPに反映することもできます。

もちろん接客時のセールストークにも使えます。

 

 

ただ、どんなアンケートでも良いわけではありません。

「A4」1枚アンケートで行っている5つの質問を

おこなうことが重要です。

 

 

アンケートを行う際は、質問を自己流に変えてしまうと

効果がない広告になってしまいます。

 

 

では、「A4」1枚アンケートで行っている5つの質問を

ご紹介します。

 

 

 

 

■「A4」1枚アンケート5つの質問

 

 

 

質問1.
○○を購入する前どんなことを悩んでいましたか?(欲求発生)

 

 

質問2.

何でこの商品(サービス)を知りましたか?(情報収集)

 

 

質問3.

(商品名)を知ってすぐに購入しましたか?
もし、購入しなかったとしたらなぜですか?(購入不安)

 

 

質問4.

他にも似たような商品がある中で、
何が決めてとなって購入しましたか?(購入実行)

 

 

質問5.

実際に使ってみていかがでしたか?(購入評価)

 

 

 

あまりお金をかけずに売上を増やしたいと考えている方は、

是非試してみてください。

 

 

「A4」1枚アンケートを活用したいけど、

「よくわからないので相談したい」という方は、

メールにてご連絡ください。

無料で相談を受け付けています。

 

 

この方法をもっと詳しく知りたい方は著書をご覧になることを

お勧めします。まだ読んでいない方はこちらどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 <PR>

 

 _1_300x280.png

 

 

 

 

 

ブログ 新着記事

      From:森内智之         先日、某商工会さんにて販促セミナーを開催しました。 お客様の視点を事業の中に生かしたい事業者の方が参加され 熱心に聞かれていました。     お客様の視点を取り入れること

  From:森内智之     先日、初めてPOPセミナーに参加してきました。 実はPOPのセミナーを聞くのは初めてなので、 楽しみにしていたのですが、業績アップするヒントが たくさんあって面白かったです。     POPは、お

From:森内智之       1月に入って半分が過ぎましたが、 どんなスタートをされましたか?   今年こそは(今年も)業績アップの取り組みをと 考えている方も多いと思います。   そんな方に今日嬉しい報告が届いた内容を ご


セミナーのご案内

 

関連セミナーのご紹介

2018-min.JPG

アーカイブ

2017

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.