MENU

増やしたいけど増やさない??

2015年6月26日

From:森内智之

 

 

 

最近、複数の女性の経営者さんと

話す機会があったのですが、

共通のことを話されていました。

 

 

 

それはなんだと思いますか?

 

 

 

 

それは、新規客をもっと獲得したい

ということです。

 

 

ほとんどの経営者の方は。これと

同じことを考えていると思います。

 

 

 

そして、これには続きがあるのですが、

新規客をもっと増やしたいと

悩んでいるとのことだったので、

その解決方法をいくつか提案していました。

 

 

 

そしたら、

それはうちでは合わない、

いままでやったけど効果が無かった、

スタッフがやってくれそうにない・・。

 

 

こんな回答か返ってくるわけです。

 

 

 

 

話を聞いていると、できない理由や

やらないことを正当化する発言が湧いてくる

という感じです。

 

 

 

ここまで読まれたあなたは、

本当に新規客を増やす気あるの?

と、思いませんでしたか?

 

 

 

 

話を聞いていると、既に頭の中で、

難しい、できない、やりたくない!?

という考えがあるようでした。

 

 

これは、客観的に話を聞いていると

冷静に考えることが出来ると思いますが、

本人は、主観的に見すぎているために、

自分を客観的に見ることや、

全体を俯瞰して見ていないことが

原因だと思います。

 

 

 

また、もうひとつ感じたことがあります。

 

 

 

 

それは、対象となる見込み客が「誰」なのかが、

定まっていませんでした。

 

 

 

だから、やりたいとなんとなく思っているけれど、

誰に対してのサービスなのか明らかになっていないので、

全体の考えもぼやけていると感じました。

 

 

これは、広告を作る際も同じですが、

誰を対象にするのかが明確でないと、

広告の内容がぼやけてしまい、

反応をとることができない広告になります。

 

 

 

もし、以前の広告がこのような内容であれば、

結果が出なくて当然と思います。

 

 

 

結果が出なくて悩んでいる人の中には

似たような状況だった人もあるのででは

ないでしょうか?

 

 

 

こんな時の改善方法として、

お客様にアンケートをとっていくことで、

お客様のことがわかり、

お客様の視点からの考え方に発想を

変えることができます。

そうすることで、考え方にもブレがなくなり

お客様の意向にも沿うため、

反応が得られやすい広告を作ることが

できるようになります。

 

 

 

もちろん広告だけでなく、

営業やセールストークにも

反映することができます。

 

 

 

自分のビジネスを客観的に俯瞰するためにも

アンケートを活用して、

お客様の視点に立って取り組むと

もっと簡単に結果を出しやすくなりますよ。

 

 

ブログ 新着記事

      From:森内智之         先日、某商工会さんにて販促セミナーを開催しました。 お客様の視点を事業の中に生かしたい事業者の方が参加され 熱心に聞かれていました。     お客様の視点を取り入れること

  From:森内智之     先日、初めてPOPセミナーに参加してきました。 実はPOPのセミナーを聞くのは初めてなので、 楽しみにしていたのですが、業績アップするヒントが たくさんあって面白かったです。     POPは、お

From:森内智之       1月に入って半分が過ぎましたが、 どんなスタートをされましたか?   今年こそは(今年も)業績アップの取り組みをと 考えている方も多いと思います。   そんな方に今日嬉しい報告が届いた内容を ご


セミナーのご案内

 

関連セミナーのご紹介

2018-min.JPG

アーカイブ

2017

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.