MENU

モノ意外に提供している価値とは

2016年6月7日

 

bicycle.JPG 

 

 

From:森内智之

 

 

 

 

先日、子供の誕生日に自転車を購入したのですが、

そのお店は、対応がとても良く親子で満足して

帰ることができました。

 

 

決して特別なことがあったのではなく、

安心と満足を買うことができたのです。

 

 

何がそんなに対応が良かったのかというと

専門的な視点から購入と操作について

アドバイスをしてくれたことです。

購入については、他の販売店でもある程度の

情報を教えてくれるかもしれませんが、

自転車が子供の身体に合わせて微調整する

ことや、操作方法を子供に一通り教えて

くれたりすることで、自転車の購入から

購入した後の操作まで、使用する相手に

合わせてきちんと教えてくれたのです。

 

 

 

例えば、サドル(シート部分)を低くする際は、

一番下まで下げて乗りますが、このお店では、

サドル(座るところ)を止めている部品を外し

より低く座れるように調整をしてくれたのです。

なぜここまでしたかというと、両足はついているものの

かかとが浮いていたので、さらにサドルの位置を下げる

ことで、より安定するので安全ということでした。

 

 

 

女の子で少し大きめの自転車を選んだので、このように

子供の安全性を考えてくれることは、親にとって嬉しく

信頼感が高くなりました。

他にも、ハンドルの高さを変えることやブレーキの

レバーの調整(握りやすさ)なども行ってくれます。

 

 

他の自転車を販売しているお店はわかりませんが、同じ

自転車でも量販店などでは、ここまで行ってくれる

ものなのでしょうか?

これまでの経験では、量販店での購入でしたが販売のみで

ここまで対応してもらえることなど知りませんでした。

 

 

 

他にも自転車を購入する際に顧客リスト(購入者の個人情報)を

記入するのですが、この時に住所や連絡先だけでなく、乗る子の

生年月日も記入します。

そこで、誕生日のプレゼントに購入することがわかると奥へ

何かを探しに行ったのです。

何を持って来られたかというと、リボンを持って来て自転車に

付けてくれました。(笑)

リボン自体はよく見るようなもので簡単に手に入ると思いますが、

この気持ちが嬉しいですね!

 

 

このちょっとした気配りができているのは、他のお客さんにも

同じようにしていると思います。お客さんと店員の関係性が

いいので、店内はとてもいい雰囲気でした。

 

 

 

:お客様に対しての考え方

 

ここまでの内容は、たまたま購入した出来事を書いているだけの

ように思うかもしれませんが、販売者の視点から見ると、

決してなんとなくは行っていないということです。

お店(経営者)の考えがしっかりとあって、その考えを行動に移し

お客様に喜ばれているということです。

以前にお店の代表と話をすることがあったので、会話の中から

少し感じることもあったのですが、実際に購入すると

その考え方やお客に対する思いが伝わり安心して購入することが

できました。

このようにお客様に喜ばれることで、このお店は80年続く

老舗のお店だったのです。

お客様を大事にする気持ちが、時代が代わっても大切にされて

いると思いました。

 

 

 

あなたのビジネスでもこのお店のようにお金をかけなくても

お客様に喜んでもらうにはどんなことができますか?

自分だけでなく、スタッフや関係者で考えてみることで、

いろんな他店(社)との違いや強みができて、あなたの

ビジネスが選ばれやすくなります。

 

 

 

:お客様に選ばれるお店にするために

 

そして、これらの取り組みから売上を増やすためには、

一つでも実践することが重要なことはもちろんですが、

その良さをお客様に知ってもらうことも販売者にとって

重要です。

せっかく良いサービスや取り組みを行っていても、

それがお客様に知られていないと、お客様はわからないので、

見込み客は選ぶことができず、結果的に購入してくれる確率を

下げてしまいます。

お店やサービスの良さがわからないと他との違いがわからず

選ぶ基準が金額になってしまいます。

こうなると、お店とお客様の価値観も合わなくなり

長期的に良い関係を作ることが難しくなります。

ビジネスは、長期的に関係性を作ることが重要です。

 

 

 

:長期的に関係性を作るメリット

 

長期的にお客様と関係性を作ることで、お客様とお店の両方に

メリットがあります。

お客様のメリットは、信頼できるお店で購入できることです。

いざという時に何かあったら気軽に相談したり頼んだりできる

お店があると助かるものです。ものを買うだけでなく、安心も

買っていると言う人もあると思います。

一方お店のメリットは、長期的に関係が続くことでそのお店で

購入してくれやすくなります。

さらに、広告費がそれほどかからないことや紹介をしてくれる

確率が高くなります。

新規客を集めるには、既存客の5倍以上のコストがかかって

しまいます。

 

 

 

:お店の良さをしっかり伝える

 

良い商品やサービスを提供することが前提ですが、

その良さを知ってもらうためにホームページやチラシなどに

他との違いや良さをしっかり伝えることが重要です。

これをすることで、価格でなくお店やサービスの良さで

選ばれるようになります。

 

 

 

ホームページやチラシには、テクニックを使って売ろうと

するのでなく、良さを知ってもらいファンとなるお客様作りを

目指してみませんか?

 

 

ブログ 新着記事

  From:森内智之        昨日、地元で開催の交流会に参加して、  FAXDMでも「A4」1枚チラシが作れますか?  と質問を受けました。      答えは、もちろんイエスです。      この方法は、チラシ・D

      From:森内 智之        「一般向けに高額商品を販売しているのですが、  どうすれば売れるようになりますか?」  以前こんな相談がありました。  あなただったらどんなことをしますか?      

        From:森内智之      日頃相談を受けていると、よく新規客の獲得に  悩んでいるという相談があります。  もしあなたも集客に悩んでいるというのであれ  ば、新規客についてではないでしょうか?    


セミナーのご案内

 

関連セミナーのご紹介

2018_-min.JPG

アーカイブ

2018

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.