MENU

お客様の声の活用方法2

2015年7月24日

 

From: 森内智之

 

 

 

前回は、お客様の声を活用している事例を紹介しました。

 

 

 

今回は、違った視点でお客様の声の活用法について

お伝えします。

 

 

 

広告を作ろうと思ったら、どんなキャッチコピーに

すると良いのかと悩んだことはありませんか?

 

 

 

このキャッチコピーを作るのにお客様の声を活用します。

 

 

例えば、

1.階段での移動が楽になった

2.朝スッキリ起きられるようになった

3.問い合わせがこれまでの2倍以上増えた など

 

これは、商品やサービスを購入した結果や変化を

お客さんが語ってくれているわけです。

 

 

これを見るだけで、お客さんが言っているので、

売り込みでなく、商品の良さをイメージしやすくなります。

 

 

そして、このお客さんの声をキャッチコピーにするのですが、

このままでは使えません。

なので、ここでひと手間をかけていきます。

 

 

 

どうやるかというと、以前のブログ(広告の効果を高める方法1)

お伝えした、お客様の悩みや欲求を知っておく必要があります。

詳しくは、こちらのブログを参照下さい。

 

 

そして、このお客様がもっていた悩みが

「あなたの商品やサービスを利用することによって

こんな結果になりました」

と伝えることで、

あなたの商品やサービスを利用すると

どんな結果があるのかがわかりやすくなるため、

広告での効果が高くなります。

 

 

 

例えば、先の事例の悩みはこのようになります。

1.膝が痛くて階段の移動がつらい

2.疲れが残って朝なかなか起きられない

3.広告をしても反応がない

 

 

 

これら悩みと先程のお客様の声を使ってキャッチコピーを

作ると下記のようになります。

 

 

1.膝が痛くて階段の移動がつらいと悩んでいた方が、

  このサプリメントを購入して、

  今では階段での移動が楽になったといっています。

 

2.疲れが残って朝なかなか起きられないと悩んでいた方が、

  このサプリメントを利用して今では、朝スッキリ起きられる

  ようになったといっています。

 

3.広告をおこなっても反応がないと悩んでいた方が、

  この方法を使って問い合わせが2倍になったと言っています。

  

 

  このような感じでキャッチコピーを作ることができます。

合わせていえば、キャッチコピーには、購入後のイメージを

言って上げるとその良さが伝わりやすくなります。

そうすると広告の反応を高めることができます。

 

 

 

こうすることによって、キャッチコピーを作る上で、

煽った表現にすることもありませんし、

難しく考えないで、

お客様の声からあなたの商品の良さを伝える

キャッチコピーがつくれます。

 

 

この方法で行えば、難しい知識もいらなく、無理しないで、

あなたの商品・サービスの良さをお客様に提案することができます。

 

 

あなたの商品の良さをキャッチコピーで伝えることが出来れば、

広告の反応を高めることができます。

 

 

 

 

 

是非、試してみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

ブログ 新着記事

      From:森内智之         先日、某商工会さんにて販促セミナーを開催しました。 お客様の視点を事業の中に生かしたい事業者の方が参加され 熱心に聞かれていました。     お客様の視点を取り入れること

  From:森内智之     先日、初めてPOPセミナーに参加してきました。 実はPOPのセミナーを聞くのは初めてなので、 楽しみにしていたのですが、業績アップするヒントが たくさんあって面白かったです。     POPは、お

From:森内智之       1月に入って半分が過ぎましたが、 どんなスタートをされましたか?   今年こそは(今年も)業績アップの取り組みをと 考えている方も多いと思います。   そんな方に今日嬉しい報告が届いた内容を ご


セミナーのご案内

 

関連セミナーのご紹介

2018-min.JPG

アーカイブ

2017

最新記事

提供サービス

おすすめ書籍


© 2018 スマートフォンサイト集客のインフォレスト All rights reserved.